募集が少ない薬剤師の転職先の探し方

薬剤師ですがMRで働きたいと考えていた

薬剤師ですがMRで働きたいと考えていた | 薬剤師向けの求人サイトで探してみても見つけられない

なかなか求人募集が見つからないで困ってしまうということは転職を志したときにはよくあるでしょう。
私の場合にもあまり募集がない職場を探していたことから転職が難航してしまいました。
薬剤師なら薬局や病院で働くのが一般的ですが、私はMRで働きたいと考えていたのです。
もともとは病院で働いていたのですが、患者とのコミュニケーションがうまくとれず、互いにストレスになってしまっているのが目に見えていました。
セミナーにも参加してコミュニケーション能力を向上させようと努力したのですが、あまりうまくいかず、しばらくは思い悩む日々でした。
ただ、悩んでいても仕方ないと思って、より適性のある職場を探そうと考えたときに、患者とのコミュニケーションはうまくいかなくても、職場にいる医療関係者とはうまくコミュニケーションが取れているということに気づきました。
医学にも興味があって知識も持っていたので、他の薬剤師に比べても医師とのコミュニケーションは円滑でした。
この能力を生かしたいと考えて思いついたのがMRです。
よく職場にも企業のMRが出入りしていて、いつもにこやかに商品の宣伝をしたり、こちらの苦情を聞いて対策を練ってきてくれたりしてお世話になっていました。
医薬品情報についてもわかりやすい資料をくれることが多く、現場の仕事で大きな助けになっていたのは事実です。
自分がその担い手になることを想像してみると、適任かもしれないと思い、転職の決断をすることができました。